公認会計士資格取得は膨大な勉強時間が必要

公認会計士の資格を取得するための国家試験は司法試験の次に難しいといわれています。合格するためには、かなり必死で勉強する必要があるということはわかりますよね。どれくらい勉強すれば合格できるのでしょうか。

■試験突破までに何年もかかる人もたくさん
公認会計士の資格を取得するための国家試験はとても難しく、合格率も10パーセントと低いです。何年も受験勉強をして、ようやく合格できるという人もたくさんいますし、毎年リベンジしている人もいます。試験突破のための勉強を独学でしようと試みる人もいます。

独学で合格できる人も中にはいますが、専門知識や、試験対策を必要とするので、大学や専門学校で受験対策をするのが一番効率が良い勉強方法だといえます。大学や大学院、専門学校を利用して、1~4年の勉強期間をもって受験する人が多いので、合格するためにかかる勉強時間は、かなり膨大な時間になることが分かりますよね。

とにかくたくさんの知識を身につけ、扱い方の実践をくりかえる必要がありますから、昼間と夜間に別の学校に通って二重に勉強を行っている人もいるくらいなんですよ。

■国家試験突破後にも資格取得までには時間がかかる
無事に筆記試験に合格しても、2年間の業務補助経験が必要で、年に一回の修了考査受験を受けるまでにはたくさんの時間がかかります。もちろん修了考査のための勉強も必要ですから最終的に資格取得するまでの勉強時間は何千時間にも及ぶといえるでしょう。

■膨大な勉強時間を費やして、資格取得できる公認会計士
公認会計士の資格を取得するためには膨大な勉強時間が必要です。その間に挫折してしまう人ももちろんいますから、目指すときには長いスパンでの勉強を頑張るという覚悟が必要ですよね。