公認会計士の就職難解消法について少しだけですが詳しく解説してみたいと思います

公認会計士は、医者や弁護士と並んで三大難関国家資格といわれていますから、資格さえ取れば将来を約束されるというイメージを持っている人も少なくないでしょう。もちろん、これまではそうでした。でも、最近は新卒採用をする監査法人が減っていることもあり、就職しにくくなってきているのも事実です。

就職難にを解消するためにはどのような対策が必要なのでしょうか。

■就職難を緩和するために政府は合格率を下げる方針
公認会計士の国家試験はとても難しく、司法試験の次に難しいともいわれています。そんな難関試験を突破しても、就職先が見つからないというのは困った状況ですよね。政府は、このような公認会計士の就職難を解消するために、合格者を減らすという方針を発表しました。

これによって、ただでさえ低かった合格率がさらに下がることになりました。試験の難易度は上がり、司法試験よりも難しいと言っている人もいるくらいです。政府の読み通り合格者が減ったことで、就職しやすい環境になりつつあるようですが、就職以前に資格が取りづらくなってしまうのは、目指している人にとっては苦しい現状ですよね。

■就職難を解消するために自分ができることは?
公認会計士の仕事は、監査法人に就職するのが一般的ですが、そのほかにも国内外たくさんの働き口があります。希望の就職先に内定をもらうことは難しいかもしれませんが、場所を選ばなければ需要はある程度はあるということを覚えておきましょう。

就職先の選択肢を増やすためには、会計の知識以外にもたくさんの知識を身に着けることが必要です。英語を学んで外資系に売り込んだり、プレゼン能力、ディスカッション能力などを磨いて、コンサルティング力をアピールするなど、筆記試験の勉強以外にも自分の魅力を増やして売り込めるようにしておくと就職活動をするときに便利です。

■就職難に打ち勝てるように自分磨きをしましょう
まずは難関の国家試験に合格することからですが、同時進行で自分の力を高めておくことはのちの就職活動の時にとても有利になりますよ。